私がパーテーションを買ったキッカケと使い心地

購入する際の決め手はデザインとパーテーションの高さ

扉からパソコン画面が見えるのが嫌でパーテーション購入使い勝手が良くキッチンや部屋の間仕切りにも活用できる購入する際の決め手はデザインとパーテーションの高さ

やはり長く使う物なので、デザインを妥協したくなかった事と、高さは天井にまで届くタイプや私の身長よりもかなり高いタイプがあり、どうしても背の高い家具を置くと部屋に狭さを感じるだろうと考えました。
低身長な私にも合う物をと考えて購入しただけあって、満足出来る物が手に入って良かったです。
もしも高さがあったり、4連ではなく3連タイプであれば自分の思っていた通りの使い方は出来なかったはずで、途中で使うのを止めていた可能性も充分にあります。
ただ、私が一人暮らしや収納を重視していた場合には物が置けるウォールシェルフタイプを選んでいたはずです。

部屋をどうするか。

出費は出来るだけ抑えて、でも来客にも対応できるようにしたいなと思っているのです。


ずっと決めかねていた部分があって、軽く袋小路だったのですが、ようやくアイデアがまとまりそうです。

少し奮発してアスクルさんでパーテーションを発注しました。

家具の移動と

— あらけずり Shimizu (@2arakezuri2) 2019年9月16日
ウォールシェルフは壁際に設置するタイプの物で、空きスペースの壁際ならどこにでも活用出来るので洋服を掛けたり小物を収納したりするのに便利です。
我が家でも一時期、洗濯機の横に設置して洗剤を置いたりタオルを置く場所として活用をしていました。
その後は洗濯機のサイズが大きくなり置けなくなったので、知人に譲りましたが、使い方次第では部屋の間仕切りに利用出来るのでオススメです。